フランス語の資格 Festival 2 Leçon 19 

旅行

P98 ~ 101

このレッスンでマスターすべき項目

手紙を書き、誰かを誘う方法

文法

接続法

動詞、形容詞が craindre, avoir peur, douter, être content, ravi, fier heureux などで2つの文の主語が違う時に使う。
Je crains que nous n’ayons pas le temps de tout voir.

bien que

これは相反することの文を結びつける時に使う。
Il fait très chaud dans la pièce. Elle a gardé son manteau.
→ Bien que il fait très chaud dans la pièce, elle a gardé son manteau. 部屋が暑いにもかかわらず、彼女はコートを着用していた。

les verbes impersonnels 非人称動詞

いくつかの動詞は常に非人称動詞、その場合の動詞は単数
falloir, pleuvoir, il y a, il s’agit de…
Des gens viennent encore ici en novembre. → Il vient des gens encore ici en novembre. 
人々はまだ11月にここに来る

近接過去 passé récent 〜したばかりである

venir(現在の活用)+ de(d’) + 不定詞〜したばかりである。de(d’) があると近接過去。de があるとないとでは意味が違う!
venir 不定詞「〜しに来る」


parce que, puisque, comme, car, donc 理由の差異

*英語は、聞き手が知っていると思われる旧情報を先に、聞き手が知らない新情報をあとに書くが、フランス語もそうであると考えられる。

英語
parce que(接続詞句)〜だからbecauseparce que は because と同様、相手に未知の情報を説明新情報
puisque(接続詞)〜だからsincepuisque は since 同様、既知の情報の説明、もしくは理由がその文の中で一番重要ではない時。因果関係がはっきりしている、万人周知の事実。旧情報
comme(接続詞、副詞)〜なのでas補足的理由を述べる 相手がすでに理由を知っている。相に念を押す感覚。旧情報
car(接続詞)〜というのはbecause/forcar 客観的な理由
parce que 主観的な理由
新情報
donc(接続詞、副詞)それゆえに したがってso(接続詞)/therefore(副詞)どのような理由でを述べるような場合に使う
*英語 therefore は接続詞ではなく副詞なので,2つの節をつなげるのは不可。 and therefore になる.
新情報

(`)アクサングラーヴ(仏: accent grave)

è・È・à・À・ù・Ù
è の発音は[ɛ]口を大きく広げる方。 例 père [pɛ :ʀ] 親父
アクサングラーヴが重要なのは文末の -e を発音させないことにある。

アクサングラーヴの後文末の -e発音しない例:J’achète
子音が重った時の文末の -e発音しない例:J’appelle
文末の -e の前の子音が1つのスペルの時発音する例:vous appelez

J’achète, tu achètes, il achète, nous achetons, vous achetez, ils achètent.
J’appelle, tu appelles, il appelle, nous appelons, vous appelez, ils appellent,

単語

Tiensほら、みて はい、どうぞ
courrier n.m 英post/mail手紙 郵送便 電子メール
enfin adv 英finally最後に やっと 〜というかむしろ
peur n.f 英fear 恐怖 心配
avoir peur 怖い
avoir peur de qch(de 不定詞) 怖い 心配する
avoir peur 接続法 〜ではないかと心配する
Mais tant pisでも仕方ないわ
banque n.f 英bank銀行 貯蔵所 賭博(トランプ)の親
régalerごちそうする もてなす
se régaler ごちそうを食べる
œil n.m eye目 視線 注目 判断
faire les gros yeux 睨み付ける
surveiller 英watch/supervise見守る 監視する 気を付ける 監督をする
surveiller sa ligne 太らないよう気を付ける
ligne n.f 英line線 輪郭 路線 電話回線 方針 行
veuillevouloir
prévoir 英forecast/provide予想する 準備する
raisonnable分別のある 穏当な
particulier,ère adj 英particular/peculiar特別の 特殊の 固有の 個人の 
particulier n.m 個人 私人
en particulier 特に とりわけ 個人的に 個別に
séjourner chez des particuliers ホームステイ
promis,epromettre の過去分詞 約束された
randonnée遠出 遠足
filleul,e代子 精神的親
vieux 英old男単 vieux, vieil 男複 vieux
女単 vielle 女複 vielles
老けた 年上の 昔馴染みの
copain 英pal仲の良い友達
女性形 copine
ne ~ que〜でしかない 〜のみ
garder 英guard/keep世話をする 身柄を拘束する 警備する 保存する
amour n.m 英love愛 
tu es un amour ! 良い子だね あなたは私の愛しい人
justifier 英justify弁護する 弁明する 根拠を示す 印刷時に行の長さを揃える
attitude n.f姿勢 態度 ポーズ
Promis!それは約束しよう! 請負った!
preuve n.f 英proof証拠 検算
amitié n.f 英frienfship友情 好意
genevoisジュネーブの人
activité n.f 英activity活力 活動 精力 活動範囲 仕事
arbre fruitier,ère果樹
canton n.m小郡 市町村
excursion n.f 遠足 ハイキング 日帰り小旅行
jet n.m噴出 投げた距離
jet d’eau 噴水
neutralité n.f中立 不偏不等 公正
randonnée n.f遠出 遠足
vignoble n.m葡萄畑
vue n.f視覚 目 視力 見ること 見晴らし 見解
cosmopolite国際的な
culturel,le文化の
gourmand,e 英greedy食いしん坊の 貪欲な
intellectuel,le知的な 知識人
méridional,ale南仏の
raisonnable分別のある 穏当な 理性を備えた
déguster味わい楽しむ 試飲する ひどい目に遭う
fois n.f回 度 時 倍
à la fois 同時に 一度に
moins 英less/least〜より少なく peu の最上級 もっとも少なく
à moins de 名詞/接続法 〜でない限り
particulier 英particular/peculiar特別の 独特の 個人の
en particulier 特に
sûrement 英certainlyきっと おそらく (返答で)もちろん
faire les gros yeux à qn人に目を向く にらみつける
affirmer 英affirm断言する 発揮する
bien que 〜であるにもかかわらず
tiers,ce 英third第三の
n.m 3分の1 deux tiers 3分の2
activité活力 精力 活動 仕事
dérouler広げる 伸ばす 展開する
se dérouler 繰り広げられる ほどける
horlogerie n.f時計店
voilen.m 英veil ベール 覆い隠すもの レントゲンのかげ
n.f 英sail 帆 ヨット
nautique水上の 航海に関する
direction n.f方角 管理 経営陣 
en direction de 場所 〜の方向に
balade n.f散歩
sigle n.m頭文字による略号 発音は「sigl」スィグル
lien n.m 英tie/bond紐 なわ 関係 拘束
fier,ère 英proud尊大な 威張ってる 誇りにしている
ravi 英delighted大喜びの 非常に嬉しい
être ~ de qch(de 不定詞/que 接続法)〜でとても嬉しい
英語のHappy と Delighted の違いは Happy より pleased がフォーマルで pleased の喜びを大きくしたのがdelighted、つまり very pleased が delighted なのだ!
craindre 英fear/be afraid恐る 怖がる 心配する
n.f crainte 恐れ 不安
fait n.m 英fact/event事 事実 出来事 客観的事実
au fait ところで
C’est un fait que 接続法 〜は事実である
pièce n.f 英piece一つ 部品 布地 部屋 硬貨 書類 戯曲
garder 英guard/keep人の世話をする 身体を拘束する 見張る 保存する 取っておく ずっと待っている 服などを脱がずにいる 引き止める
se garder 保存がきく 〜しないようにきをつける
agir 英act行動する 作用する
il s’agit de 名詞 〜が問題である それは〜のことである
il s’agit de 不定詞 〜することが必要である
décider 英decidedécider qch/que 直接法 決める
décider de 不定詞 決める
décider à 不定詞 決心させる
se décider 決心する
restreindre制限する 少なくする
se restreindre 生活を切り詰める
article n.m記事 論文 品物 冠詞 条項
falloir 英need/have to/mustil faut à qn/qch 人に〜が必要である
il faut 不定詞/que 接続法 しなければならない、〜にちがいない、必ず〜する
il ne faut pas 不定詞/que 接続法 してはならない
génial,ale天才的な 見事な すばらしい
mission n.f任務 使命 使節 布教
rocher n.m 英rock岩 岩礁 側頭骨岩様部
le Rocher モナコ
pourtant adv 英nevertheless/yetそれでも それなのに しかし
creux n.mくぼみ 落ち込む時期
appartenir 英belong〜のものである 所属する
duc n.m公爵
déplacement n.m移動 旅行 出張
déplacer 移動させる
fameux,se 英famous/first-rate例の 問題の おいしい ぱっとしない(pas) 名だたる
facture n.f 英bill/invoice請求書 損害 作風
principauté n.m公国 大公国
mont n.m山 岡
revnir 英come back再びくる 戻る 意識を取り戻す
fraisadj 英fresh/cool ひんやりした 新鮮な 最新の 
n.m 英expense/fee 出費 経費 
post-scriptum n.mP.-S. 追伸
post 次の意味
journal n.m 英newspaper新聞 新聞社 ニュース番組 日記
exception n.f例外 除外 稀な例
à l’exception de qn/qch 〜を除いて
exceptionnel,le 例外的な 滅多にない たぐいまれな 驚くべき
lorsque 英when〜の時に その時 (対立を表して)〜なのに
sonoriser音を入れる
colloque n.m討論会 シンポジウム
OIT国際労働機関 Organisation internationale du Travail
contradiction n.f矛盾 反論
bouger 英move動く 身動きをする (否定的な意味合い)物価が変化する 手足を動かす
Bouge-toi de là さあ、そこをどいて

コメント