フランス語の資格 Festival 2 Quizz grammatical et lexical P126

旅行

Festival 2  P126〜P127

このレッスンでマスターすべき項目

・関係代名詞
・譲歩表現
・条件法
・近接未来と単純未来
・代名詞の語順
・副詞

関係代名詞

関係代名詞について
・関係代名詞は2つの文章を結びつけ、同じ単語の重複を避けるために使用する。
・関係代名詞は先行詞と呼ばれる名詞または別の代名詞を置き換えることができます。
・ある文に情報を付け加えます。

qui主語先行詞は人または物
qui の後には動詞が続く
前置詞なし関係代名詞性数変化なし
que (qu’)直接目的語補語 先行詞は人または物
que の後には主語 + 動詞が続く
前置詞なし関係代名詞性数変化なし
時間または場所の補語先行詞は時または場所前置詞なし関係代名詞性数変化なし
dont間接目的語補語 
形容詞または名詞の補語
先行詞は人または物
前置詞 de を含む、動詞や名詞や形容詞の補語
前置詞なし関係代名詞性数変化なし
前置詞 + lequel間接目的語補語先行詞は前置詞の前の冠詞+名詞前置詞つき関係代名詞性数変化あり
前置詞 + qui間接目的語補語先行詞の前に de 以外の前置詞または前置詞句がつく
先行詞が「人」の場合は、qui または lequel 男か女かを明確にする時 lequel を使い性数一致
前置詞つき関係代名詞性数変化なし
前置詞 + quoi間接目的語補語先行詞の前に de 以外の前置詞または前置詞句がつく
先行詞が ce, rien, chose ,前の文全体
前置詞つき関係代名詞性数変化なし

間接目的語補語とは
前置詞 à や de に導かれます。「〜に」と訳す。
例:Je m’occupe de cet enfant. → この場合は代名動詞なので me が直接目的語で、cet enfant が間接目的語。訳は「私はこの子に世話をします」となります。

1. qui, que, où, dont (3 fois), auquel
a. Elle a fait trois souhaits dont un très bizarre. 彼女は 3 つの願いをしましたが、そのうちの 1 つはとても奇妙なものでした
b. C’est le musicien que tu préfères. これはあなたの好きなミュージシャンです。
c. Il était une fois un petit garçon qui ne voulait pas grandir. 昔々、大人になりたがらない男の子がいました
d. Ma belle-fille, à laquelle je t’ai parlé, ne cuisine pas comme nous. あなたに話した私の嫁は私たちのように料理をしません。
e. Vendredi 13 ! C’est le jour où il faut acheter un billet de loterie! 13日の金曜日! 宝くじを買う日だ!
f. Le propriétaire dont l’appartement est en travaux n’est pas content. アパートを工事中のオーナーは満足してません。

譲歩を表現する 3 つの方法 : pourtant, bien que, même si.

pourtant副詞 英 nevertheless / yetそれでも しかし それなのに
bien que副詞 quoique と同じで接続法を続け、事実について述べる〜にも関わらず
même si副詞 直接法を続け、事実または仮説について述べる〜だとしても

譲歩 concession とは
行為主とって都合の悪い事実を認めても、自分の主張を通す表現方法のこと。

法によっての差異

直接法alors que〜にも関わらず
même siたとえ〜だとしても
tandis que〜であるのに 〜してる間
条件法alors(même)queたとえ〜であっても
au cas où〜の場合には
quand (bien) mêmeたとえ〜でも
接続法bien que〜にも関わらず
quoique〜ではあるが
sans que〜することなしに

a. 彼女は全く評価されませんが、愛想良く振る舞います。
b. 彼は全くスポーツ好きではないが、パリマラソンに応募しました。
c. 望まなくても、眠らないとだめですよ。

条件法 基本的に事実に反することを述べる

condition条件実現可能な仮説Si tu as fini tes devoirs, tu peux aller jouer dehors
imagination想像想像上の事を表現On dirait qu’on des chevalier et toi, tu serais un dragon
incertitude不確かな事不確かなこと、確認ができないことを表現Selon le ministre, des négociations seraient en cours actuellement
irréel非現実現実でない事、実現可能ではない事を表現Si vous étiez à sa place, vous comprendriez son attitude
(現実は他人の立場ではない)
regret後悔後悔を表現Brrr, j’ aurais dû prendre un pull
souhait願い事条件法現在は願い事を表現可能J’aimerais tellement gagner le concours de poésie !

Le futur proche et futur simple (近接未来と単純未来)

近接未来aller の現在形 + 不定法・このままでいくとそうなるという、今の状態からの当然の帰結を述べる時
・ほぼすぐに実現可能、確かな行動を表現。口語でしばしば。
・人称代名詞の位置は aller と不定法の間。例: S V 人称代名詞 不定法
単純未来動詞を活用現在とは無関係に、起こるはずの未来を述べる時
・あまりすぐでも正確でもない行動を表現。話した事とその事の実現に時間的距離があったりする。
近接未来Attendez-moi une minute, je vais revenir.
Attendez, je vais vous aider.
単純未来Si ce n’est pas possible aujourd’hui, cela le serai dans quelques années
Fais-moi confiance, un jour, tu sauras tout

近接未来と単純未来はいつも互換可能な訳ではない。また近接未来は必ずしも時制補足を必要としない。単純未来をはほとんどの場合、時制補足を必要(demain などの時間を表す語を必要)とする。

近接未来と単純未来の違いは英語で言えば、 be going to と will の違いに似ている。

willその場で決めた事(前もって決めていない)
be going to計画や段取り、調整して決める行動(前もって決めていた)

2つ代名詞があったら

例:Je montre cette photo à Wankichi-kun. → Je la lui montre. 僕はその写真をワン吉君に見せる。

語順は以下の表のように1−5までの優先順位で、同じ番号を並列することはない。
例:主語 +(ne)+ me le lui y en + 動詞 (pas)

12345
間接目的語直接目的語間接目的語中性代名詞中性代名詞
me
te
nous
vous
se
le
la
les
lui
leur
yen

時制の際の位置に注意(動詞の前)

単純時制Il te les enverra bientôt
複合時制Il les lui a donnés
2つの動詞がある時Je vais les lui prêter

a. Léo envoie la lettre au propriétaire. → Il la lui envoie.
b. La belle-fille envoie les photo à sa belle-mère → Elle les lui envoie.
c. L’éditeur envoie des revues aux élèves pour leur travail. → Il les leur envoie.
d. Les amis nous envoient leurs vœux tous les ans. → Il nous les envoient.

adverb bien, demain, vraiment

bien 英 well上手に 順調に 確かに
demain 英 tomorrow明日は 将来には やがて
vraiment 英truly / really本当に まさしく マジで?

a. Est-ce que tu as bien entendu ce qu’elle a dit ?
b. C’est une fille vraiment sympathique.
c. Je regrette, mais cela ne sera pas possible demain.

・副詞は不変化の語で性数一致させず、動詞や形容詞に意味を足したり、意味を少し変える。文の中で必要なものでもなく、意味を足したい時に使用します。

語順

動詞の後
または助動詞と過去分詞の間。複合時制などの時。
Il a salué poliment. 彼は丁寧に挨拶した。
形容詞の前Il a fait affreusement froid. ひどく寒かった。
副詞の前(副詞を修飾する副詞)Elle s’est habillé très rapidement. 彼女はとても早く着替えた。
文頭(文全体を修飾する時。文の後でも可)Justement, je dois ~ まさに、私はしなければなりません〜
形容詞を修飾Ma sœur est très serviable
動詞を修飾Cet enfant aime beaucoup la lecture
他の副詞を修飾Tu pars trop souvent en voyage

形容詞 + ment で様態を表す副詞の作成が可能

形容詞の女性形 + mentnaturelle → naturellement
形容詞の男性形 + ment
i, é, u で終わるならそのまま ment を足す。u で終わる場合はアクセントにêtre の最初の e の上についている山形の記号、アクサン・シルコンフレックスがつく。
上記等の中にも例外あり。 
absolu → absolument
形容詞 ant, ent の nt を省く + mentbrillant → brillamment

以下の感じの副詞があります

様態 manièrebien, mal, ensemble, mieux, plutôt, vite, lentement, 多くの ment がつく副詞
時 tempsaujourd’hui, demain, tôt, tard, longtemps, souvent, quelquefois, toujours, hier, ce matin, de temps en temps, maintenant
場所 lieuici, là, devant, derrière, loin, dehors, dedans, près
量 quantitébeaucoup, trop, assez, aussi, environ, moins, peu, plus, tellement, si, à peine, combien, autant
強さ intensitési, tellement, tant (一番フォーマル),
推定peut-être, sans doute

・un peu (de) と peu (de)

肯定的で少しの量un peu de 物質・抽象名詞
数えられる名詞には quelque
少し〜ある
否定的で少しの量peu deあまり〜でない ほとんど〜ない

・確実性

100%疑いなくsans aucun doute
90%きっと おそらくsans doute
80%以上多分probablement
30 – 50%もしかすると ことによってはpeut-être

・pas toujours と toujours pas
toujours は英語で always と still の意味の2つを持つ

pas toujoursparfois oui, pas tout le tempsnot always (sometimes) いつも 〜でない
toujours paspas encorenot yet 未だに
ne .. pas toujoursいつも…とは限らない 必ずしも〜ではない
ne .. toujours pasあいかわらず…でない

・疑問副詞 基本的に疑問副詞 + S + V で倒置はしない語順

quandいつdepuis quandいつから
どこd’oùどこから
combienいくらcombien deいくつ
pourquoiなぜ
commentどのように

・数量副詞(名詞の数または量を示す) 名詞を修飾する時は前置詞 de を使い、数量副詞 + de + 無冠詞名詞

beaucoup de livresたくさんの本
un peu d’argent少しの金
peu de cheveuxほんの僅かな髪
assez de tempsかなりの時間
trop de loisirsあまりにも多くの暇
combien de frères何人の兄弟?
autant de disque同じくらいのCD

単語

lexical, ale n.m語彙
grandir 英grow/increase大きくなる 成長する 増大する ますます〜になる
大きく見せる
travail n.m 英work仕事 労働 勉強 職 勤務先 作業 工事
manière n.f 英manner/way仕方 やり方 流儀 態度
concession n.f譲歩 委譲 払い下げ
amabilité n.f愛想の良さ 親切
apprécier 英appreciate高く評価する 値踏みする 
s’apprécier 評価し合う 通過が値上がりする
tandis que 英while対立 〜であるのに
同時性 〜してる間に
brrr寒い時、怖い時に発する ブルブル
devoir 英must/have todevoir + 不定詞 〜しなければならない 〜するに違いない 〜することになっている 
英 owe の意味の時 devoir A à B BにAを借りている
pull-over pull n.mセーター
tellement 英so/so much非常に〜なので〜だ それほど
pas tellement それほど〜でない
tant 英so many/so muchそんなに それほど 
tant de 名詞 それほど多くの
Tant mieux ! よかった その方がいい
Tant pis ! 仕方がない
cours n.m 英course/class講義 授業 課程 流れ 普及
en cours 進行中の
actuellement 英at present現在は 今
confiance n.f 英trust信頼 信用 自信
de confiance 信用して 安心して
envoyer 英send郵便を出す 送る 行かせる 投げる
éditeur, trice出版者 出版社 編纂者
revue n.f 英magazine/review雑誌 点検 閲兵
passer qch en revue 〜を一つ一つ検討する
vœu n.m 英wish願い 願望 祝意 誓い 決意 勧告
tous les anstous les ans 毎年 すべての年
chaque année 毎年 その年、その年
Ah bon!何で? それで? 
serviable世話好きな
Merci beaucoup ; vous êtes très serviable. 本当にありがとうございます。ご親切に。
ainsi 英so/thus/in this way
副詞
そのように こんなふうに そうすれば 例えば
ainsi que 〜のように
et ainsi de suite 以下同様に
lecture n.f reading読書 解読 朗読
partir 英go away/start/leave出発する 立ち去る 出かける 始まる ボタンが取れる
à partir de 時間・場所〜から 〜を元にして
quelquefois 英sometimes時々 時には
peine n.f 英pain心痛 悲しみ 刑罰 労苦
à peine ほとんどない 僅かに
tout à fait まったく、その通り、まさに〜 まったくその通りだ
servir他動詞 料理を出す 給仕する
自動詞 役立つ 
servir de 無冠詞名詞 〜の代わりを務める
se servir 使う 取り分ける
conjonction n.f接続詞
conséquence n.f結果 影響
en conséquence 従って それゆえ
sans conséquence 取るに足らない
clown n.m道化師 ピエロ
autant 英as much/ as many〜と同じくらい
d’autant plus (moins/ mieux/) que 直接法 〜なだけにいっそう
Pas du tout !全然。(良くない、〜でない)
lapin, e 英rabbitうさぎ
poser un lapin à qn 人との約束をすっぽかす 待ちぼうけを食わせる
hypocrite偽善的な うわべの 見せかけの
élevé, e 英high高い 高尚な
bien (mal) élevé 育ちの良い(悪い) 
courage 英courage勇気 気力 熱心さ やる気 熱意
croire 英think/believe思う 信じる
+ 不定詞 〜の気がする
〜であると思う
sortir 英go(come) out/take out外へ出る 出かける (de)〜の状態を脱する、出身である 公開される
sortir avec 付き合う デートする
poireauter長いこと待つ
salut 英greeting/salute挨拶 やあ、じゃあまた(人に会った時、別れる時) 救済 
sainte nitouche猫被り カマトト
allumeur, se点灯人 点火器 思わせぶりな女
demi-sœur n.f異母姉妹
horreur n.f 英horror恐怖 嫌悪 醜悪なもの
croûte n.fパンの皮 固い殻 飯 頭の硬い人
pareil, le 英similar/suchadj 同じ 似たような このような こんな
n 同じような人物、もの 匹敵する人
mur n.m 英wall壁 堀 城壁 無感動な人
demander 英ask求める 要求する 必要とする 会いたいと言う
se demander 自問する 〜だろうかと思う
perdre 英lose失う 亡くす 無駄にする 負ける 脱げる 見失う
nullité n.f無価値 無能 無効
malgré 英in spite of〜にもかかわらず
bien que (quoique)+接続法 に置き換え可能
malgré tout いずれにせよ それでもやっぱり
suite n.f 英continuation/result/series続き 結果 一連の 一貫性
suivant, e前置詞 英according to 〜に応じて
形容詞 英following/next 次の
名詞 次のもの 次のひと
tomber倒れる 戦死する 崩れ落ちる 雪が降る 落ちる
tomber sur 激しく非難する ばったり出会う
tourn.f 英tower 塔 高層ビル
n.m 英turn/round 回転 周囲 順番 手品 
circonstance n.f状況 機会 情状
droit 形容詞 英right 右の
n.f 英right 右 右派 
n.m 英right/law 権利 法律 税 納付金
avoir droit à qch 〜を受ける権利がある
avoir le droit de + 不定詞 〜をする権利がある することが許されている
siècle n.m 英century世紀 100年 時代
doux, ce 英sweet/soft/mild甘い 手触りの良い 柔らかい感じの 穏やかな 温暖な 優しい
en douce こっそりと 気づかれずに
depuis〜以来 前から 
depuis は過去を起点とする
à partir de demain 明日から(未来を起点)
ange n.m 英angel天使 天使のように美しい
être aux anges 幸せでうっとりしている 有頂天である
grand, eadj 英big/tall/great/large 背が高い 大きい 大変な 重要な 高級な 偉大な 
n 上級生 年長の子
n.m 大国 大企業
installer設置する 開設する 設備を施す 落ち着かせる インストールする
s’installer 落ち着く 開業する 陥る 開業する 住まう
ensemble 英togetheradv 一緒に 同時に
n.m 全体 アンサンブル 統一 集団
effet n.m 英effect結果 原因 薬の効き目 印象
en effet その通り
arriver 英arrive/happen到着する 時が来る 達する 出世する 起こる
séparation n.f分けること 別れ 区別
ainsi 英in this way/thus/soそのように そうすれば 例えば
joyeux, se 英joyful陽気な 上機嫌な 嬉しい 喜ばしい
croiser手・足を組む 交差する すれ違う
se croiser 交差する 行き違いになる
fou 英mad気の狂った 気狂いじみた 大変な
rirev 英laugh 笑う
n.m 笑い声
tribu n.f部族 種族大家族
uni, e 英united/close/even/plain無地の 単色の 平坦な 仲の良い 統一された
jalousie n.f 英jealousy嫉妬 妬み
conflit n.m 英conflict対立 衝突 争議
cohabitation n.f同居 保革共存
demander要求する 頼む
à + 不定詞 〜したいと言う 必要とする
demande n.f 英demand依頼 要求 結婚の申し込み
réussir succeed成功する 出世する 合格する
bousculer突き飛ばす おしのける せきたてる 習慣などを急に変える 覆す
lien n.m 英tie/bondひも なわ 関係 脈絡
établin.m 仕事台
adj 確立された 定義された 既成の 現行の
ainé, e 英elder/eldestadj 年上の 年長の
n 長男 長女 年長者
retrouver再び見出す 再会する 思い出す 回復する
se retrouver 再会する 戻る 見当がつく
unique 英only/unique唯一の 比類ない 奇抜な
milieu n.m 英middle/environment真ん中 中間 階層 社会的環境
au milieu de 〜の真ん中に 〜に囲まれて
fratrie n.f兄弟姉妹
accueillir 英meet/welcome/receive迎える 受け入れる
voireadv さらに それどころか さえ
épreuve n.f 英test/trial試験 テスト 試合 試錬 プリント
feu n.m 英fire火 発砲 火事 戦争 交通信号 花火 輝き ライト
chacun 英eachめいめい それぞれ 誰でも
confronter対決させる 直面させる 照合する 比較する
casser割る 壊れる 骨折させる 破棄する 降格させる
ça passe ou ça casse伸るか反るか 当たりハズレ
généralité n.f一般性 普遍性
désigner 英point/designate/indicate指し示す 指名する 示す
rapporter戻す 持ち帰る 語る 
pourtant 英yetそれでも それなのに
sentir 英feel/smell感じる 匂いを嗅ぐ 匂いがする
sentiment n.m 英feeling意識 自覚 印象 感情 心情 感覚 センス
paradoxalementかえって 逆説的に
enfance n.f 英childhood/infancy幼年期 少年少女期
véritable 英true/real本当の 本物の 紛れもない
imposer 英impose強いる 押し付ける 課税する 知名度を高める
se impose 当然必要である 自分に課す
apparente, e明らかな はっきりした 見せかけの
apparenté, e縁続きの 血の繋がった 似通った
rédiger 英write up論文・手紙を書く 文書を作成する
écrire は短い文書を書く
mairie n.f 英town hall市役所 役場
maire n.m 英mayor市長
dérangement n.m迷惑 出かけること 体調の乱れ 混乱
adresser 英send/address送る 声を掛ける
s’adress 問い合わせる 向ける
type n.m 英type/fellow型 タイプ 典型 型式 モデル 男 やつ 好みのタイプ
venir 英come来る
venir + 不定詞 〜しに来る
venir de + 不定詞 〜したばかりである
prier 英pray祈る
qn de + 不定詞 〜するようにお願いする
expéditeur, trice差出人
juin 英june6月
1
やあ!元気?
いや、全然。
ええ?
ウージェニー知ってる?
うん。

彼女また私の約束すっぽかして、それがなんでか私知ってるの。
18時に映画に行く約束して、彼女は来なかった。
あら。。
彼女はうわべだけで育ちが悪い。
彼女は私の友達だと思っていましたが、彼女はファブリスと付き合っていると私に言う勇気さえありません、彼女は私に無駄に長いこと待たせます。
それにあなた見たでしょ、彼女があなたの誕生日でどんなだったか。
カマトトぶったり、思わせぶりな女だったり。
彼女は嫌い!
なぜ彼女を招待したのか理解できないわ。
異母姉妹なの。

2
この絵を見て!なんて酷い。
どうすればそのようなパンの皮を壁に置くことができますか?
誰がそんな虚無を生み出すのに時間を無駄にできるのだろうか。
俺。
P127
1.Écoutez le dialogue
a. Elle a posé un lapin à son amie.
b. gentil, mais hypocrite et veut draguer quelqu'un

2.
horreur, croûte, nullité 

3. 上記の2つの会話の続きを想像しなさい

Expression Orale
1. 若い女性の写真を見なさい。あなたは彼女と話す人です。あなたの会話で以下の表現を使いなさい。
- 何かをする権利がある
- それを疑う
- 1世紀の間
- あなたはその歌を知ってる
- こっそりと行う
- あなたには相応しくない
- 激しく非難する
- そりゃ、驚きだ
- 機嫌が悪い
- そりゃ、あんまりだ

2. あなたの番で、ある日、あなたも言う、もしくは何かをするあなたがすぐ後悔したことを。
その出来事の状況を語りなさい。
P128
Les familles recomposées 混合家族

昨日から、エロディー7歳は有頂天である。年長の子がいます。
グレゴリーとギョームです。12歳と10歳です。
毎夏、彼らは1ヶ月大きな家に集う。それを彼らの父ペールとエロディーのママと分け合います。
彼らはクロエといます。クロエは皆の小さい妹です。
しかし、私は、彼女は付け加えます、私にはまだ別の兄弟がいます、それはルイです、私たちは同じお父さんがいます。
フランスでは、2005年に100万人の子供達が混合家族で暮らしています。
それは別れた後におこり、新しい愛に会い、一人の子、複数の子を伴う形となります。
皆このように5、6、またはそれ以上の子連れの父や母を見つけます。

映画で混合家族は大人と子供の陽気な一団としています、大きな家で、そこではすごい笑い声と
幸せが皆に交差する。。
現実では大きな大家族で、嫉妬も争いもない、そんなものは存在しない。
同居は時間をかけて成功する。
混合家族は現行の関係を覆します。
年長は自分が2番目にいることに気づきます。
兄弟姉妹に囲まれて、唯一の子であった立場は失われます。
そしてしばしば新しい赤ちゃんを迎え入れます。再構成されたカップルによって作られたもの。
最初の数ヶ月、最初の数年でさえ、しばしば火事場の試練です。
皆、他人と対立し、皆、自分の立場を守る。
のるか、そるか、あたりはずれ。
一般化することは不可能です。
彼らの間の子供たちは、ほとんどの場合、お互いを「兄弟」と「姉妹」と呼んでいます。 
「異父母」または「異父母」(親が共通している場合)
または「報告された兄弟または姉妹」(義理の親の子)という言葉を使用している人は
ほとんどいません。 したがって、兄弟を作るのは生物学的結合ではありません。
しかし、それはその重要性を持っています。 
共通の親を持つ子供たちは、この親が母親である場合、より強い友愛に縛られ、
逆説的に(フランスで優先されるのは父親の名前であるため)感じます。 
血の兄弟愛に取って代わるものがなければ、幼少期を一緒に過ごして発展する関係はときにとても強く現れますし、兄弟の真の心情を作ります。
条件は、何かを課したり、速すぎたりしないことです。

1. エリックとイザベルには何人の子供達が血が繋がってますか?
2. 混合家族に火事場は何が対応してますか?
3. ça passe ou ça casse 当たり外れとは?
4. 兄弟姉妹を作るに生物的な結びつきにかわるものはなに?
5. エロディーの話を除き、この文書を90字文字でまとめなさい

次の要素を使用して、市役所が通りのすべての住民に宛てた典型的な手紙を書いて、
彼らに知らせ、来たるべき手間を許してもらいます。

コメント