TOEIC 600 への道⑪ 文法 – 助動詞 その2

旅行

原則として助動詞は過去形を使った場合はより丁寧な表現に

根拠に基づいた推測 助動詞+have pp(past particle=過去分詞)

have はほぼ発音しない。例 could have pp だった場合、クゥドブ となり、pp を強く発音する。

must have past particle確信 〜したに違いないcould have より強い意味
might have past particle可能性, 実現性 〜したかもしれない 
〜してくれてもよかったのに
might have と may haveとの違い might を用いる方がより丁寧な言い方。
can’t have past particle実現不可能な事 〜したはずがないcan’t have と couldn’t have の差異
can’t have 主観 個人の意志
couldn’t have 客観 証拠がある時
could / may have past particle可能性, 実現性 ひょっとしたら〜したかもしれない推量の確信の度合いについては、might haveに比べてやや弱い
will be / will have past particle明らかに確実な事実、起きること 〜だろう未来のある時点では完了しているだろう
未来完了
should have past particle推量 〜したはずだ。実際にはしなかったときには〜すべきだったのにmight have より強い言い方

would の用法

丁寧な要請Would you help me get the book
過去の状況の再発He would always have a bag of sweets in his pocket
過去の目的・理由I took a bus so I wouldn’t be late
過去の状況の想像He would love to know what happened
何かに対する強い欲求His wife wish he would make more of an effort
報告された過去の意図・期待He asked if he would like anything to eat
拒否She wouldn’t let’s go my dog

丁寧な要求

can, could, would嘆願Would you mind lending me your book?
shall弱い提案Shall I make them a new proposal?
Would you like強い提案Would you like to see this documents?
may許可May I ask you a question?

like – would like – be like

like好き ただの動詞I like to get to station with plenty of time
plenty of time 時間の余裕
would like好む
Would you like~ 〜しませんか?
Would you like some coffee
be like〜のようだWhat is the new teacher like?

ニュアンス

would likewant よりも丁寧な言い回し。 いただいても良いですか。
want~が欲しい、〜したい
wish実現性が低いことを望む。

提案

shall, couldShall we dance?Shall I 自分が〜しましょう
一緒に〜しませんか
let’s, why don’t youLet’s go!  〜しましょう
Why don’t we take a break? 〜しませんか?
why don’t you 〜してはどう?
how about, what about ~ing~はどうですか どちらもに会話の出だしには使えない
How/What about stopping
how about 提案 感触を聞く、注意喚起
what about 提案 意見を聞く、自慢
What if 〜するというのはどうでしょう?
If I were you, I would ~ 仮定法もしも私があなただったらやんわりとした提案

TOEIC 頻出単語 50個

conference会議
venue(会議・競技などの) 会場, 開催地
subsequent adjその後の, 以降の
subsequent to somethingに続いて, のあとで
同意 following
following adj 翌日[翌年,次章]
n ファン, 支持者
the following …以下の…, 次の…
previous adj以前の, 先の, 先行する
have yet to do まだ~していない
after…のあとに, …過ぎに
name after ~にちなんで名前をつける
model after ~をモデルにする
forgo<楽しみ・便宜など> をあきらめる, 断念する
beforehand advあらかじめ, 事前に
likewise adv同様に, 同じように
with/in regard to〜に関して about よりフォーマルな時に使用
suitability適性, 適合性
measurement寸法, サイズ, 評価
administrative管理の, 経営の, 行政の, 事務の
retirement home老人ホーム
observation観察, 意見, 所見
drawback欠点, 障害, 不都合
notifyに知らせる, 通知する
range範囲 幅
publicize広告する, 情報などを公表する
directadj 直接の, 直接的な 正反対 率直な
v の注意を向ける 演出する 指示する
adv まっすぐに, 直行して
as directed 指示に従って
why might?なぜ〜の可能性があるのか?
entitle権利を与える
I meanつまり
discontinuation中止, 中断, 停止
relativity相対性
enhancement向上, 改善 拡張
give a big hand盛大な拍手を送る
broadcastingテレビ・ラジオの放送業界
unless接続詞 もし…でなければ, …でない限り
unless を用いた節では未来形は使わず,現在形を用いる
even after~のあとでさえも
Since when一体いつから(相手の言動や行動に驚いてる)時によく使われる
いつから〜 現在完了進行形とともに
in writing書面で
critic評論家, 批評家 批判する人
production生産, 製造 制作された作品
direction方角, 方向 道順, 行き方 説明書, 使用法 演出, 監督
overjoyed大喜びの
acquaintance知り合い, 知人
destinedを運命づけられた
entry入場, 進入, 入国 記述
setting環境 舞台, 背景
periodicperiodic 定期的な, 周期的な
periodically 定期的に, 周期的に
adhere付着する, 粘着する
adhere to something 規則などを遵守する, に従う を固持する, 貫く
enforcement 施行, 実施 law enforcement (警察などによる) 法の執行
proctorn 試験監督官
v  試験監督をする
modality様式, 手順 音楽の旋法性
shortfall不足, 不足額
get ontoにのぼる、突きとめる、取りかかる

コメント