TOEIC 600 への道⑫ 文法 – 仮定法

旅行

仮定法(Conditional)には4種類ある 0~3

4種類の名称作り方内容
Conditional0If + 現在形, 現在形不動の事実を表現する時(原因と結果)
誰がいつどこでやっても結果は普遍
事実を表し、Conditional0のIf は When に書き換え可能
フランス語なら直接法
Conditional1if + 現在形, will(他の助動詞) + 動詞条件を満たせば、十分に起こりうる未来 可能性
フランス語なら直接法
Conditional2if + 過去形, would + 動詞事実とは違う現在の仮定 wish 使用可能
Conditional3if + had + 過去分詞, would have + 過去分詞事実とは違う過去の仮定 wish 使用可能

 意味の差異

Conditional0それをしたら、そういう結果になるIf you eat less, you lose weight. 食べなきゃ、痩せるよ
Conditional1もし〜なら、〜になりますIf you study hard, you will pass the exam. 
がっつり勉強すれば、合格するよ
Conditional2もし〜だったら、〜ですよIf you studied hard, you would pass the exam. 
がっつり勉強してたら、合格してるよ
Conditional3もし〜だったら、〜だったf you had studied hard, you would have passed the exam. 
がっつり勉強してたら、合格してただろうに

注意
*1つの文で will や would は2回は使えない。
I will say hello when I will see her → I will say hello when I see her
*If 文の動詞が現在形なら、続く文で would は使えない

Conditional 0 と1 で if と置き換え可能な語

時、条件を表す副詞節 未来のを表す時もwillを使わず現在形

when〜のときWhen you eat less, you lose weight. 食べなきゃ、痩せるよ
as soon asするとすぐにAs soon as I saw him, I got mad at him. 主節の動詞が過去形のとき、”as”の後の動詞は過去形か過去完了形
the momentしたらすぐにThe moment you give up drinking you will notice an improvement in your health
before〜まえに
接続詞 
Please call me before you go
after〜あとにPlease call me after you finish the task
untilするまではLet me alone until you finish the task
unless〜しないかぎり
もし…でなければ
否定的な条件文
接続詞
You lose the game unless you try hard
unless を用いた節では未来形は使わず,現在形を用いる

Should you あなたがもし〜であれば(Ifの置き換え可能)
〘フォーマル〙

Should you have question, please call me. → If you have question, please call me.
質問があれば、電話ください。should も if も同じ意味

他の if 意外の仮定法

provided that /
providing that
〜という条件でという意味。ifより強いニュアンス。Provided that it doesn’t rain tomorrow, let’s have a party.
as long as~の場合に限りWe might go to the party
as long as we finish business early.
if only〜でさえあればなあ 現実との距離感を表すから動詞は過去If only I had money
should you happen to恐らく可能性は低いだろうけれども,もし万が一 ~ならShould you happen to meet her, please give her my best regards.
supposingもし~ならSupposing you meet a your boss in the woods, what will you do?
if it hadn’t been for仮に〜がなかったとしたらHad it not been for the bad weather, the plane could have taken off.
with, without 名詞句もし〜があれば、なければWith more time, we could have won the race. 
but for仮定法の but for  ~がなかったら
直説法の but for  ~を除いて
同意:仮定法過去の if it were not for ~
仮定法過去完了 if it had not been for ~、without ~
Without more time, we would lose the race.

will, would は might, could に置き換え可能

I will help you if I have time. → I might(would, could) help you if I have time.
置き換えは可能だが、ニュアンスに差異が出る。
will → 時間があれば手伝うよ
might → 時間があれば手伝えるかも(will より弱い)
would → 時間があれば手伝れますよ(willより丁寧な言い回し)
could → 時間があったら手伝うよ(実際は時間がないのでできない)

whether が If に置き換え可能な時と不可の時

置き換え可能選択を表す時He can’t decide whether (if) he marry or not
置き換え不可仮定法の時He will go to the party if (whether) it doesn’t rain

・TIPS whether と either の差異
whether A or B A であろうと B であろうと
either A or B A か B かのどちらか一方

アメリカ人が使う接続法的なもの

形式: that + 主語 + (should)動詞原形
例:Mr.Trump insisted that he finish the presentation.

引用
接続法は、インド・ヨーロッパ語族に属する言語での法の1つ。勧告・命令・禁止・願望・後悔など、願われたことや考えられたことを述べる法 である。対語は直説法 。 英語ではあまり意識されることはないが、フランス語やドイツ語など英語以外の言語では頻繁に使われる。 

ウィキペディア

接続法的なもので使われる動詞

advise助言する 顧問を務める 人に伝える 
advise that ということを勧める
ask人に聞く 尋ねる 代金などを請求する 誘う
ask that somebody do something
フォーマル 人が〜するよう依頼する
demand需要 〜と強く尋ねる
demand that ということを要求する
desire欲望
desire that 〜してほしいという願い
insist〜を主張する 言い張る
insist that と言って譲らない
intendするつもりである
intend that 〜というつもりである
preferのほうを好む
prefer that 〜ということのほうを望む
propose動議などを提出する
propose that ということを提案する
recommend〜を推薦する *選択肢の中からどれが良いか?
recommend that 〜ということを勧める
request要請 要望
request that ということを要請する
requireを必要とする 法律・規則などが〜を義務づける
require that ということを義務づける
suggestを提案する *方法や考え、提案
suggest that ということを提案する 〜してはどうかと言う ということを示す とそれとなく言う

接続法的なもので使われる形容詞

advisable推奨される, 賢明な
important重要な 人が 影響力のある, 有力な
it is important that 〜ということは重要である
necessary必要な 必然の
crucial決定的な, 非常に重要な
it is crucial that ということは非常に重要である
preferableよりよい, より望ましい
vital極めて重要な, 不可欠の 活気のある
it is vital that ということが極めて重要である
essential不可欠な, 必須の
It is essential (that) ということが必須である
urgent緊急の
It is urgent that 以下が急務です
imperativeぜひとも必要な 名詞 重要課題
It is imperative that は不可欠である、~は必須である
desirable望ましい
It is desirable that ということが望ましい

仮定法での全ての人称で be 動詞は were を使う

If it were possible, I would take a direct plane to Tokyo

TOEIC 頻出単語 50個

land土地, 所有地,国,到着する,を釣り上げる, 取る
ride自転車[オートバイ]に乗る,<人> を困らせる, 悩ます,乗る事
make sure確かめる 命令の時 確実に〜してくれ
culinary料理の
contractorcontractor 請負業者, 契約者
contractual adj 契約(上)の
contractually adv 契約によって
stocktaking棚卸し
measure対策, 措置 ある程度の<成功・自由など> <重要性・力など>の証拠である 基準 単位
heritage遺産, 伝統文化
catchを捕る 病気に感染する の不意をつく 火がつく 光を反射する わな 隠れた問題点 留め金
relative親類, 身内 相対的な, 比較したうえでの, ある程度の
strain重圧, 重荷 緊迫状態 痛めること 動物の血統, (植物などの) 品種 体質 旋律 体の一部などを痛める
fortune財産 大金 運
haggle値切る について言い争う
rude失礼な 下品な
heads up注意喚起・警告
hands-on実践の、実地の
fringe肩掛けなどのふさ飾り 傍流 Fringe benefits 福利厚生
bail保釈金, を保釈する bail out 手を引く bail somebody out 資金援助して救済する
subsidizeに助成金[補助金]を交付する
embassy大使館
installation(装置などの) 設置, 取り付け インストール (産業・軍事用の) 施設 就任(式), 任命(式)
engineerengineer 技師, エンジニア V をたくらむ
engineering 工学(技術)
executiveexecutive 管理職, 重役, 幹部 adj 幹部の 高級な 行政上の
execute を処刑する 複雑な動作などをこなす コマンドなどを実行する
execution 死刑執行 実行 執行
associate関連づける を連想する つきあう
n 知り合い, 関係者
graphicgraphic 生々しい, 露骨な グラフィックアートの n グラフィック, 画像
graph グラフ, 図表
departmentdepartment 学科, 省, 局, (企業などの) 部門 売り場 分野 (フランスなどの) 県
departmental (組織における) 部門の
job seeker求職者
sought-after人気の高い, 引っ張りだこの
managementmanagement 経営, 運営 経営陣 管理
manage やってのける 管理する を食べられる
managerial adj 経営(者)の
manager責任者, マネージャー (スポーツチームの) 監督
a number of times何回も
background背景, 生い立ち, 経歴
without further ado難しい話は抜きにして、前置きはこれくらいにして、さっさと
say farewell to〜に別れを告げる
partn 部分, 一部 部品 地域, 区域, 地区 一員 の関与, 加担 割合
v 分かれる, <雲などが> 切れる 開く 別れる
belongings持ち物, 所持品
rentn を賃借する, 借りる
v 賃貸料, 家賃, 部屋代, 地代
business card名刺
pick upを取り上げる, 手に取る を乗せる, 拾う 身につける
give a talk発表する 講演する
come along一緒に来る、同行する、がんばれ うまく進む
would rather~する方がよい、〜する方を好む (取りたい行動を表す)
cost estimate費用見積もり
quotev 引用する 引き合いに出す 見積もる
n 引用文 見積もり
landscape景色, 風景, 景観
make it間に合う
step out外出する, ちょっと出かける
Fair enoughわかったよ *相手の発言が、理にかなっている、といった場合に、「わかったよ」という意味で使われる。
stay away from欠席する 離れている
keep away from避ける 離れている

コメント