TOEIC 600 への道㉑ 文法 – 関係代名詞

旅行

・関係代名詞は2つの文章を結びつけ、同じ単語の重複を避けるために使用する。
My wife is Japanese, She has lived here for 10 years. 私の妻は日本人でここに10年住んでる。
My wife, who is Japanese, has lived here 10 years.

関係代名詞の種類 *目的格は省略可能

主語補語所有場所
whothat / whomwhose
which / thatwhich / thatwhosewhere
先行詞
who人を受ける関係代名詞の主格
whichもの~するもの。人以外を受ける関係代名詞の目的格、または主格
whom人のみ~する人。人を受ける関係代名詞の目的格
whose人・もの〜をもつ。人・ものを受ける関係代名詞の所有格。of which
にも置き換えれる。
that人・ものもの・人を受ける関係代名詞の目的格、または主格
what先行詞不要〜すること
whatever複合関係代名詞なので先行詞と関係代名詞が合体~するものは何でも = anything that、たとえ何が~しようとも
whoever /whomever複合関係代名詞なので先行詞と関係代名詞が合体~するものは誰でも
whoever = anybody who 
whichever複合関係代名詞なので先行詞と関係代名詞が合体どれでも

制限用法と非制限用法(継続用法とも言う)

関係代名詞 制限用法と非制限用法の見分けはコンマの有無、だが意味に差異が出る(フランス語も同様

制限用法コンマなし先行詞を区別・限定
He has a wife who lives in Paris.
彼にはパリに住んでいる妻がいる
*この妻のほかにも別の妻がいる可能性がある。パリにいる妻の事だけを説明。
先行詞を明確にする為に修飾
先行詞だけを制限した文章になる。日本的な感覚で言えば「言われた事だけをやる(他にもやるべき事はあるが)」みたいな感覚の類推かと。
非制限用法コンマあり先行詞に追加説明(That が先行詞のことはない)。
コンマ以降の文がなくても話題は変わらない。
He has a wife,who lives in Paris.
彼にはパリに住んでいる妻がいる
*この妻以外いない
明確に修飾せず、and, but, because の意味を出す
先行詞を補足説明
先行詞以外存在しない世界。意味とは真逆の感覚だが、別に who 以下なんてあってもなくても良い非制限の感覚。

関係代名詞の That

関係代名詞 who, whom, which, 関係副詞 when, where, why と同じく言及する人・物を限定

・制限用法での関係代名詞を who などから that に置き換えることが可能
・非制限用法では使用不可
・先行詞を詳しく説明する
・主格、目的格の両方で使用可能

主格He has a wife that lives in Paris.
目的格She is a ex-wife that I divorced ten years ago.

以下の時に that を使用するのが必須

比較級、最上級を受ける時It’s the most beautiful girl that I have ever seen.
everything, anything, nothing, little, much が先行詞Nothing that she say make sense.
彼女の言ってることはむちゃくちゃだ。
only, all, very が修飾する語のあとAll the people that he work with are beautiful lady.
先行詞が「人 + 物(動物)」の時I saw a girl and a dog that were naked in the park.

where と which

where先行詞が場所の副詞になってる時Kabukicho is the city where she work at.
which先行詞が目的格の名詞の時Kabukicho is the city which she visited last week.

What 物事・事柄を表す「こと」 不完全文

I don’t care what you said あなたが言ったことを気にしない。 said の目的語は what, しかし said の後に目的語が続かないから不完全文。What はこと と訳す。

as と but と than 疑似関係代名詞

as と but と than も関係代名詞のように主語にも目的語にもなれる。
例:There are more floor ladies than are needed. (必要以上のフロアレディがいる)

as〜は主格 目的格1.非制限用法 前文を受ける
This is my wife, as was mentioned before. 
これが私の妻。前にも言ったけど。
2.such A as B BをするようなA
I do not have such a pervert wife as runs on naked.
3.the same A as B Bと同じようなA
I’m not a pervert the same as you are. 君と同じくらいの変態ではない
4.as A as B Bと同じくA
Women are as fickle as autumn weather. 女心と秋の空
but〜で、〜でない主格 目的格that…not と同様
There is no rule but has exception.  例外のないルールはない
than〜以上の主格 目的格more than で〜より多いと言う意味

関係代名詞と関係副詞の差異

関係代名詞後ろには不完全文Kabukicho is the city which she visited last week.
関係副詞後ろには完全文Kabukicho is the city where she work at.
不完全文主語や目的語などがない文。右の文例では visit の後に目的語がない。目的語は Which、だからここでは where は使用不可。Kabukicho is the city which she visited last week.
完全文主語、目的語などが揃ってる文。Kabukicho is the city where she work at.

TOEIC 頻出単語 50個

conductを行う を経営する を指揮する
blowv 吹く 風で動く
blow out を吹き消す パンクする
n 打撃
cupboard食器棚 押し入れ
workwork at 場所で働いている
work for 特定の場所(会社などの具体名)で働いている のために働いている
work in 業界で働いている(IT 業界など)
no better than~にすぎない、~と大して変わらない つまり、同じくらいひどいという意味
restn ほかの人たち 急速 台
v 休む 頭を台に載せる 寄りかかる
assureに保証する 確実なものとする
rest assured that ということを安心している
tenantテナント 賃借人, 借家人
stationaryadj 止まっている, 静止している
stationery文房具 便箋
mattern 問題 (複数形で)事態 困った問題, 支障
v 重要(問題)である
utmostadj 最重要性
n 最大限
do(try) your utmost 最善を尽くす
weigh重さが…である 体重を測る を比較検討する
submitsubmit を提出する 服従する と意見を述べる
submission 降伏 提出 提出物
submissive adj 従順な, 言いなりの
mailbox郵便受け 郵便ボックス PCのメールボックス
packing slip梱包票、内容明細票、納品書
memomemo 社内などの連絡メモ 覚書 業務連絡 内部文書 社内メール
note メモ 手紙 音符 注釈 紙幣
note は他人と共有しない自分の為の物だが、メモと言う意味で誰かに貸す事で使うこともあり。
ノートやメモをとる の意味では take notes
furtheradv さらに, それ以上に もっと先に
further and further ますます
adj それ以上の
v 促進する
further to something 〜に関して
person人 
話し言葉で「人々」を表す場合 persons は不可なので people を.
一般的に person の複数形は people
in person 本人が直接に自分で
van貨物トラック
municipalmunicipal adj 地方自治体の
municipally adv 市で
municipality n 地方自治体
appointappoint v 指名する 時間・場所を設定する
appointed adj 指定された, 約束した 設備のある
appointee 被任命者
appointment n 約束, (診察などの) 予約、任命 役職
appointment は仕事などの面会の約束や、医者などの予約
promise は誓いの意味の約束
appraisalappraisal n 評価 査定
appraise v を評価する 業績評価をする
praise v 褒める n 賞賛
assessassess v を評価する, 判断する 算定する
assessment n 評価, 判断 査定
asset資産, 財産 貴重なもの[人材]
liability責任, 義務 負債, 債務 厄介者(物)
clockclock n 時計 の速度を測定する
clock in 出勤時にタイムカードを押す, 出勤する
clock off(out) 退社時にタイムカードを押す, 退社する
dockn 波止場, (船を修理する) ドック 埠頭 被告席
v 波止場に着く 賃金・給料などを差し引く, 削る コンピュータをコンピュータにつなぐ
credentials信用を保証するもの, 実績, 業績 入場許可証
criteria基準 criterionの複数
inclement天候などが荒れた, 寒冷な
commemorate人・出来事などを記念する
fineadj 上等な, すばらしい
n 罰金
designateと指定する
detain留置する
reciprocateお返しをする 人の気持ち に報いる, こたえる 
variety種類, 品種 a variety of something さまざまな<…>
utilityガス・電気などの公益サービス 有用性, 効用
probableadj ありそうな, 起こりそうな, まず確実な
n 予想される候補者
considerate思いやりのある, 優しい
delightn 大喜び, 歓喜, うれしさ
v を大喜びさせる, 大いに楽しませる
delightedadj とてもうれしい, 大いに喜んでいる
delightful感じのいい, 快適な, すばらしい
formerly以前は, 昔は
temperamentally気質的に
take full responsibility for~に全責任を負う
outstanding際立った, 傑出した, めざましい 未払いの, 未処理の, 未解決の
account balance勘定残高
proficiency熟達, 熟練, 堪能
linen 線, 直線
v 裏をつける が並んでいる
formn タイプ, 方式, 形態
v を設立する, 結成する, 同盟などを結ぶ
couchカウチ, ソファー, 長いす 診療台

コメント