ク・ナウカの思い出

他の芸術
自身の生涯で最高の劇団

2006年の夏であったろうか。まだあの頃は二子玉川駅近くの岡本民家園にホタルが沢山いて、西麻布のスペース・ラボ・イエローが熱かった時代の話である。

記憶では確か蒸し暑い、そして真っ暗な野外の上野の東京国立博物館日本庭園池畔で「トリスタンとイゾルデ Tristan und Isolde」が上演されていた。芝居のチラシのセリフどおり、「人生の一日、 人生の一夜」の瞬間に立ち会えた、そう人生には何度も訪れがたい、芸術とは何か、人生の存在と時間を脳裏に焼き付けられる漆黒の闇の中の貴重な時であった。

舞台近くの夜の池の水面に反射する光には、おそらく青白い顔のハムレットの霊が舞台を覗いていて、また近松半二は人形を抱きしめながら、闇の木陰からそっと成り行きをみまもっていたに違いない。

ー 闇の中の舞台と観客の共鳴 ー

良い舞台にはスピリチュアル、つまり霊が必然である。ク・ナウカ の舞台には霊が舞い降り、役者に憑依する。その霊とは人類の歴史を担ってきた、集合意識を表象できる許された者の芸術家肌の霊である。それ故、そのような舞台に遭遇すると観客達は身震いするのである。

あの時の舞台もまた夜の上野の、池端の舞台に相応しい、霊魂がスポットライトの光に呼応して舞台の上を旋回していたのだった。

Was it the summer of 2006 ? At that time, there were lots of fireflies in the Okamoto Folk House near Futako tamagawa Station. This is the story of the time Lab’s Space Lab Yellow crowded with people in Nishi Azabu.

In my memory, “Tristan and Isolde” was being performed at the Tokyo National Museum Japanese Garden Pond in Ueno, a hot and dark outdoor area. According to the play flyer, I was able to witness at the moment of “A day in the life, The night in a life”, so it’s hard to come to life many times, what art is, the existence and time of life can be burned into my mind It was a precious time in the darkness of jet black.

The light reflected on the surface of the pond at night near the stage was probably the pale face of Hamlet’s spirit looking into the stage, and Hanji Chikamatsu was hugging the doll while gently watching from the shadow of the dark tree.

-Resonance between the atmosphere in the darkness, the stage and the audience-

Spirituality, or spirit, is inevitable in a good stage. On the stage of Ku Na’uka, a spirit descends and possesses an actor. The spirit is the artist who has been responsible for the history of humankind and who can express the collective consciousness. Therefore, when they encounter such a stage, the audience quiver.

The stage at that time was also suitable for the stage in Ueno at night, and the soul was turning on the stage in response to the light of the spotlight.

コメント