フランス旅行事始③羽田までの行き方と飛行機内の注意事項

旅行

羽田までの行き方と飛行機内の注意事項

1.出発:都内から羽田空港へ行く場合

手段は電車、バス、タクシーがある。

予算は電車バス タクシーだが、快適にするにはお金を払うことではある。

しかし重いスーツケースを持って混んでる電車訳には行かないから(通勤ラッシュに乗ろうものなら他の乗客に露骨に嫌な顔をされる)その場合はバスが良いであろう。また”羽田空港タクシー定額”と検索すれば¥7000前後(地区にもよるが)最適なものが見つかるでしょう。例:エコタクシー

エコタクシーの羽田空港定額運賃サービスのご紹介です。
エコタクシーの羽田空港定額運賃サービスのご紹介です。成田空港送迎、羽田空港送迎は、日本でどこにも負けない最安値のタクシー、エコタクシーにお任せ下さい。常に、「日本No.1の低価格」、「最高のサービス」、「エコロジーの宣伝や実現」、「タクシーシェアリングでの環境への負荷の軽減」等を、目指しています。
リムジンバスの東京空港交通
空港へのアクセスに最適なリムジンバスの東京空港交通です。成田空港や羽田空港へ乗り換えなしでスムーズにアクセスできます。時刻表やのりばの地図、所要時間や運賃などの情報をご覧いただけます。

羽田空港も広いので慣れないうちはフライトの3時間前に国際線ターミナル到着するのが良い。

2.羽田到着後

自身の買った航空会社でチェックインの準備をする(今はオンラインでできるので24時間前の前日チェックインかつ座席指定)。

もしチェックインカウンターが開いていれば、チェックインをし、手荷物を預け、出国ゲートをくぐり、荷物検査を受けた後に、ラウンジで休むとか、食事をするのが良いだろう。

3.出国

ゲートを超える際には、手荷物検査で規定以上の液体とか、ハサミとか持っていかないように注意したい。たまに混雑してるので、早めにて出国し、出発ゲートで携帯でも充電しながら待つのも良いだろう!定刻1時間前には、いよいよ飛行機に搭乗!

飛行機の中の持ち物リスト

多分飛行機の中は空調が効いて寒いので(真夏でも)、寒がりの人はダウンジャケットなどを持っていくのが良い。それゆえダウンなどの防寒着は手荷物預けに誤って入れないこと。

1.ポータブルダウンジャケット(真夏でも飛行機の中は寒い)

2.マスク(喉を守るため)

3.サンダル 通気のために下側に穴が空いてるのがおすすめ。ホテルに着いてからも重宝します。

4.携帯枕(首が痛くなり寝不足になる)

さあ、座席に座ってシートベルトを締めよう!

目の前のディスプレイには下記映像が流れる!

Consignes de sécurité Air France – Bienvenue à bord
From Air France!

たまに飛行機内であること

マナーの悪い人が近くに来たら12時間のフライトは苦痛である。肘掛以上に手を伸ばしてきたり、四六時中騒いだり。。

以前トランジット後、フランス国内線で犬を機内に連れ込み、膝の上に犬を置いている人を見たのだが、犬がとても大人しく、粗相も当然しない。何故か犬の方が人間よりマナーが良い場合に遭遇するのも一興ではある。The dog is better than u?

Au revoir Japon!

コメント