自然派ワイン Vin Nature

「自然派ワイン」って何?

ニコラ・ジョリー

自然派ワイン(Vin Nature ヴァン・ナチュール)。
言葉からは、なんか胡散臭い雰囲気が漂う。人により「ビオワイン」、「有機ワイン」などと言ったりするのであるが、簡単に言えば、酸化防止剤や農薬を使わない(あんまり)昔ながらのスタイルで栽培し、現代的なマネジメントを加えた生産方法であると筆者は考える。

しかし何故胡散臭い雰囲気が漂うかと言うと大抵は「自然派」、「ナチュラル」と証するものに良いものに当たった試しが無いことが、ワイン以外で多いから。。。
そのような先入観ができてしまうのではないだろうか。

自然派ワインももちろん玉石混淆だが、良い輸入業者に出会って、販売店がちゃんと管理をしてるのであれば一生忘れられないワインに出会うこともあるので、下記にオススメのインポーターを紹介します。

以下のインポーターに出会うと、人生で得します。ワインの美味しさがわかります。スーパーや、百貨店では味わえない本物のワインなのかもしれませんね。(高島屋のルロワは別)。
ワインのチョイスは大袈裟に言えばライフスタイルの選択でもあります。

筆者の経験を言うと、例えばボジョレーを挙げるとすると、自分は、正直ボジョレーワインなんて全く興味がなかったけど、下記インポーターのボジョレーは飲んだ時衝撃が走った。思わず一晩で4本飲んじゃうくらいの。
また良いボジョレーは、熟成に耐えうるから、その年に飲まなくて良いのも、初めて知りました。

とびきり美味しいワインの輸入業者(インポーターの紹介)

ワインを買う時は、ラベルを見て輸入業者(インポーター)をみて判断すべし!

都内で自然派ワインが飲めるバー(お薦め 3つ)

都内で自然派ワインが買えるショップ(お薦め 3つ)

まずはこの 3 本

マルセル ラピエール/モルゴン

クロード・クルトワ/レ・カイユ・デュ・パラディ

https://www.ginzafujiki-wine.com/SHOP/100520.html

マルク・ペノ/ミステール

自然派ワインの造り手マルク・ペノ その4〜主要銘柄〜
キュヴェ・デ・ザミ ムロン・ド・ブルゴーニュの中で、最も樹齢の若い樹のブドウ。平均で12年。年間生産量は...